公益財団法人 岩手生物工学研究センター

生物資源研究部 健康機能研究チーム

生物資源研究部・健康機能研究チームでは、成分分析技術、細胞機能解析技術を駆使して、農林水産物が有する健康機能について研究を進めています。

研究の成果を通じて岩手県産農林水産物を活用した地域の産業振興や、健康維持増進に貢献します。


https://sites.google.com/a/ibrc.or.jp/moldesign/healthyfunction/introduction/namako
雑穀

岩手県が日本一の生産量を誇るリンドウですが、リンドウの根は竜胆という生薬として利用されています。リンドウ根の持つ抗炎症作用に着目し、活性成分と作用機序の研究に取り組んでいます。






マナマコは古くから三陸沿岸で漁獲されていますが、そのほとんどは乾燥ナマコとして中国に輸出されています。日本での販売を促進するために、マナマコの持つ強い抗カビ活性に着目し、口腔ケア素材としての研究に取り組みました。






岩手県は雑穀の生産日本一です。健康食材のイメージがある雑穀ですが、有効成分や機能について詳細な研究が少ないのが現状です。雑穀の持つ健康機能の科学的根拠の蓄積と、健康機能を活用した岩手特有品種の開発に向けて、岩手県北農研と共同で研究を進めています。

お問い合わせ先

岩手生物工学研究センター・生物資源研究部・健康機能研究チーム

研究部長 矢野 明(akiray @ ibrc.or.jp)

迷惑メール防止のため @ の前後にスペースを空けています。送信の際はご注意ください。

〒024-0003 岩手県北上市成田22-174-4

TEL : 0197-68-2911 / FAX : 0197-68-3881


当ホームページの情報(画像等)を無断で転載・使用することはご遠慮ください著作権法違反にあたります